English
ホーム
設立趣旨と目的
サポート内容
海外リスク情報
協議会概要
入会
関連リンク
お問い合わせ
 >>会員一覧
 ■書式ダウンロード
>> 前のページに戻る
【報告】文教大学−JCSOS海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション(2011/2/2)
去る2011年2月2日(水)、文教大学越谷校舎にて、文教大学国際交流委員会主催の「海外研修・旅行のための危機管理セミナー」が開催されました。このオリエンテーション(セミナー)は、今春に海外で学ぶ約170名の学生を対象とし、またご担当の教職員の皆様にもご参加いただきました。
JCSOSからは講師に酒井悦嗣氏(当協議会緊急対策担当/鞄本リスクマネージメント代表取締役)を派遣いたしました。


酒井講師の講義では、過去に講師が対応した実例に基づいて留学生が現地で危機に遭遇した場合のリスクマネージメントを中心にお話しをさせていただきました。事故・テロ・病気・賠償責任問題・日常生活などの多岐にわたる海外生活での留意点とその対処方法の講義は、これから海外に出ていく学生みなが真剣に講師の話を聞いていたことからも危機管理意識の向上にお役に立てかと感じました。
また講義が終わってから多くの学生が現地での生活のアドバイスを求め、講師に質問をする様子からも、講師の狙い通り「心のギア・チャンジ」ができたと感じられたオリエンテーションでした。

危機に遭遇した場合、冷静に現状を判断し、対応をすることが出来るよう学生に動機づけすることは重要です。JCSOSでは今回の文教大学のように海外派遣をする学生に対して危機の対処法を事前情報として伝えることをお勧めしております。

(「海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション」は全国のJCSOS加盟校を対象に行っております。お問合せはJCSOS事務局(03-5457-2591)までお願い致します。)