English
ホーム
設立趣旨と目的
サポート内容
海外リスク情報
協議会概要
入会
関連リンク
お問い合わせ
 >>会員一覧
 ■書式ダウンロード
>> 前のページに戻る
【報告】静岡県立大学−JCSOS海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション(2010/12/8)
去る2010年12月8日(水)、静岡県立大学にて、同大学国際関係学科主催の「海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション」が開催されました。このオリエンテーションは平成22年度文部科学省のGPでもある同学科での初年時教育として国内外のフィールドワークに参加する学生と教職員を主な対象として実施されました。


JCSOSからは講師に服部まこと氏(当協議会理事/一橋大学国際戦略ディレクター/中部大学客員教授)を派遣いたしました。

服部講師の講義では、パワーポイントを使って海外の大学での事件やデータを示しながら学生に危機意識を促し、海外での生活態度、服装など、危機管理に関する基本的なアドバイスがなされました。また今回は研修内容がケニア・アメリカ・オーストラリア・ベトナム・オリエント地域でのフィールドワークであるため、特にそれぞれの参加地域特有の留意事項について解説を行ないました。さらに渡航者が危機に陥った場合の模擬訓練を取り入れながら出席学生に回答を求める機会を多く設け、危機に遭遇したときの対処方法を実践的に学んでいただきました。こうして約2時間があっという間に経過し、最後は服部講師から出席学生へのエールでセミナーが締めくくられました。参加学生全員が何かを学び取ろうという熱心さが印象的でした。

危機に遭遇した場合、冷静に現状を判断し、対応をすることが出来るよう学生に動機することは重要です。JCSOSでは今回の静岡県立大学のように海外派遣をする学生に対して危機の対処法を事前情報として伝えることをお勧めしております。

(「海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション」は全国のJCSOS加盟校を対象に行っております。お問合せはJCSOS事務局(03-5457-2591)までお願い致します。)