English
ホーム
設立趣旨と目的
サポート内容
海外リスク情報
協議会概要
入会
関連リンク
お問い合わせ
 >>会員一覧
 ■書式ダウンロード
>> 前のページに戻る
第26回(東京)第27回(関西)海外派遣・研修における危機管理セミナーを開催いたしました。(2009/10/27, 2009/10/28)
第26回(東京)第27回(関西)海外派遣・研修における危機管理セミナー「大学・教育機関の国際交流活動における法的責任について」のご報告


去る10月27日、28日「JCSOS海外派遣・研修における危機管理セミナー」を東京(國學院大學)、京都(京都大学大学院農学研究科)にて開催いたしました。 今回は「大学・教育機関の国際交流活動における法的責任について」と題し、講師として当協議会理事である第二東京弁護士会 副会長 櫻井光政氏をパネリストとして、同じく当協議会理事 綿貫健治氏(東京会場)、京都大学国際交流推進機構長 森純一氏(京都会場)を迎えてのセミナーとなりました。

style="margin-left: 0px">櫻井弁護士は、大学や教育機関が行う国際交流活動の諸問題について、具体的な事例を挙げながら、大学の責任の有無や、問題発生を未然に防ぐため注意すべきポイントなどを解説いただき、そして、事前に参加者からいただいた質問事項に、法律的な観点から詳しく且つ分かりやすくお答えいただきました。またセミナー後半は、当協議会池野理事長を司会役として、日頃の国際交流業務に係るご質問を参加者から頂く時間を取り、櫻井氏とパネリストの方々がそれに答え、コメントしていくという形での進行となりました。 例として、最近の新型インフルエンザの流行に際しての大学の取るべき対応方法、留学先でのメンタルな問題発生時の対策方法など、現実に即して、具体的に提示されました。国際交流に携わる皆様の実務に即し、大学や教育団体にとっても非常に深刻な問題となりうるテーマであるせいか、参加者と講師・パネリストの間で大変活発な質疑が交わされました。












JCSOSは、日本の大学・教育機関の派遣留学・海外研修実施の際の危機管理体制の確立、国際的地位の向上に向けて、会員校を側面援助する活動を11年間行っております。その一環として、例年春季と秋季の2回、「JCSOS 海外派遣・研修における危機管理セミナー」を開催しております。大学・教育機関で国際交流を担当される多くの皆様に参加いただき、より安全で安心な海外交流プログラム作りに貢献すること目的としております。また定例セミナーの他に、JCSOS会員の皆様には特別セミナーを開催し、国内外の教育関係者を招いて、話題となっているテーマを取り上げ、会員校の皆様のお役に立つ情報を提供しております。随時ご案内を致しますので、今後とも皆様のご参加をお待ちしております。
(「JCSOS 海外派遣・研修における危機管理セミナー」はJCSOS加盟校を対象に行っております。お問合せはJCSOS事務局( 03-5457-2591 )までお願い致します。)