English
ホーム
設立趣旨と目的
サポート内容
海外リスク情報
協議会概要
入会
関連リンク
お問い合わせ
 >>会員一覧
 ■書式ダウンロード
>> 前のページに戻る
09年度夏季JCSOS海外留学・研修のための危機管理オリエンテーションのご報告
JCSOSでは海外留学・研修に出発する学生、また送り出しを行う教職員を対象とした「JCSOS海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション」行っております。2009年度の夏季に海外へ留学、研修に出発する学生向けにJCSOS理事・一橋大学国際戦略本部総括ディレクターである服部講師を派遣しオリエンテーションを開催いたしました。

6月27日 松山大学 学生向け危機管理オリエンテーション
7月8日 神戸芸術工科大学 学生向け危機管理オリエンテーション
7月9日  大学コンソーシアムひょうご神戸 教職員向け危機管理オリエンテーション
7月16日 東京経済大学 学生向け危機管理オリエンテーション
7月20日 桜美林大学 学生向け危機管理オリエンテーション

「JCSOS海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション」では、渡航先によって講義内容をアレンジし、海外での実例・データを基に危機管理に関する講義や渡航先の文化や、日常生活での行動(生活態度や服装など)の基本的な講義を行います。また、実際に「自身が危機に瀕した際にどのような行動をとるべきか」という想定で簡単なシミュレーションを行ないます。その他、今年度は新型インフルエンザの対応や情報の入手先なども含めた講義を行いました。各オリエンテーションでは海外留学をする学生全員が何かを学び取ろうという高い志と共に、熱心に講義に耳を傾けていただきました。

また大学コンソーシアムひょうご神戸での危機管理オリエンテーションは教職員向けに「海外危機管理と大学の役割」と題し、危機管理オリエンテーションを行い、派遣大学の危機管理について講義をしました。




海外渡航中、危機に遭遇した場合には冷静に現実を見つめ適切な対応をすることが大事になります。そのため事前に危機の対処法を知っておくことは非常に重要です。JCSOSでは今夏危機管理オリエンテーションを開催された大学のように海外派遣をする学生の皆様に対して危機の対処法を事前情報として伝えることをお勧めしております。

(JCSOSは「国際協力の活動」を推進する特定非営利活動法人です。その活動は正会員である学校法人の派遣留学、海外研修の実施に際して、万が一の事態により良い安全対策の確立を支援することを目的としています。 この分野はまだ緒についたばかりです。会員校の危機管理に当てる予算は限られている場合が多いのが現状です。そこで当協議会の趣旨に賛同するその道の専門家の方々を理事に迎え非営利法人として活動しています。 「海外留学・研修のための危機管理オリエンテーション」はその一環として、全国のJCSOS加盟校を対象に行っております。お問合せはJCSOS事務局(03-5457-2591)までお願い致します。)